手作り下着の柳腰亭 » 手作り講座 » ボクサー

ボクサーショーツ作り方

ぴったりしたローライズのメンズボクサー(おとな用)です。
伸び縮みする布で作ります。
ピンクのボクサーショーツ

なんという色と柄なんだ~。これしか余り布がなかったんだもん。

材料

伸縮布を縫うときは、ニット用の糸を使い、できればミシン針もニット専用をセットするほうがよいでしょう。
普通の針と糸でも縫えますが、その場合には、ミシンの『伸縮縫い』を利用します。あるいはやや乱暴ですが、布を引っ張り気味にして縫うと、多少伸ばしても糸が切れにくいと思います。

広告

型紙

型紙は4枚あります。プリントして切り抜き、必要なら貼り合わせます。
サイズはやや小さめです。伸びない布で作ったら、ヒップ84センチくらい。
ヒップの大きな人、脚が太めの人は、拡大印刷をするか、脇にゆとりを入れて調節してください。

女性用ボクサーへの転用も可能です。
その場合、前の切替線をまっすぐにして(型紙で緑のラインを使う)、ふくらみをなくします。
もともとそれほどふくらみのあるデザインではありませんが。

なお、これは赤いボクサーとは別のパターンです。

裁断

前後を続け裁ちにしましたが、分けてもかまいません。

縫い代は裾が2~3cm、ウエストは4cm程度。
そのほかの縫い合わせる部分は1cm弱。
生地をカット広告

縫い方

前布と前のサイド布を縫い合わせます。
前布のラインのほうがいくぶん長めなので、少し寄せるようにして縫い合わせてください。
それによりフロントに若干のふくらみができます。
縫い代はジグザグ、ロック、折り伏せ縫いなどで始末します。
ステッチはかけてもかけなくても、お好みで。
前布を縫う

股下のカーブ線にクロッチ布を縫いつけます。
股下を縫う

ウエストと裾の縫い代を内側に折り、ステッチをかけます。
ゴムを入れる

ウエストにゴムを通します。
ボクサー

後ろから見たところ。
バックスタイル

この青ボクサーは、ウエストと裾にストレッチレースをあしらった、柳腰亭仕様。
ピンクを作る前に試作したもので、全体に大きめで、裾がちょっともたつきます。
レースつきボクサー

手作り下着の柳腰亭
ロマンティックな男性下着

手作り下着ギャラリー
ビキニトランクスキャミソール

手作り講座
 基本トランクス / ボクサー
 一枚布ビキニTバック
 子どもトランクス幼児ブリーフ
 市販品改造計画ゴム活性化作戦

柳腰亭の栄光と挫折愛好家の皆様へ

プライバシーポリシー

手作り講座 » 一枚布ビキニ